LVM on RAID on Ubuntu

cautionThis post might be outdated.

この投稿は8 年前に投稿されたものです。
記載内容が古くなっている可能性があります。

工事中! 以下は仕掛かり中のメモ書きです
LVMパーティションをソフトウェアRAID1の上に作成するまでの手順。

RAID1の設定

単独RAID1立ち上げ

LVM初期設定

PV(Physical Volume)作成(RAIDアレイを使用)

VG(Volume Group)作成

LV作成

LVの初期化

LVリサイズ(拡張)

LVの拡張

ext3ファイルシステムの拡張

ext2resizeコマンドでオンライン拡張ができる、とあったが、

fs設定上の問題で使えないらしい。仕方が無いのでオフラインで拡張する。

リサイズが完了したのでマウントしてみる。

片肺RAID1の立ち上げ

片肺状態でのアレイの状態

データの移動

rsyncを使用して、RAID構築前のデータを片肺状態のRAID1アレイにコピー

RAID1再構築

  • データ移動完了後のディスクをRAID1アレイとして初期化。パーティションを片肺RAID1に合わせて切り直す。
  • アレイにスペアとして追加する

スペアでは同期が取れないので、アレイの設定を変更し、構成デバイスを1から2に変更

同期が始まった。

参考URL